TRINO BALANCE

TRINO BALANCE

ブログ

チラシ フライヤー ポスティング2016/10/24

こんにちは

弊社が主に取り扱う紙媒体のいわゆるチラシですが、「チラシ・フライヤー」と様々な呼び方があります。
違いはご存知でしょうか?実は物自体は何も変わらず同じものを指しますが使い方というか、過去の使われ方の違いで呼び方が変わっています。

チラシという名前の由来は単純で
時は江戸時代、撒き散らすという意味から大阪ではチラシと呼ばれていました。
江戸では引き札とも呼ばれていたようですが天下の台所である大阪に倣い徐々にチラシに統一されていったようです。
当時からポスティングは存在しており、歴史の教科書にも載っている「店前現銀売り(たなさきげんきんうり)」や「現銀掛値無し(げんきんかけねなし)」といった商法を世に広めた越後屋(現三越)が自分たちのチラシを一軒一軒配っていたようです。

対してフライヤーは飛行機やヘリコプターを使用し、上空から地上に向けて大量に投下するのでflyerから来ているようです。

しかし、弊社では撒き散らす、といったイメージで広告を取り扱いません。
「各ご家庭に有益な情報をお届けをする。」
なので、撒く、配る、配布という言葉よりも「配達する」という言葉を選ぶことが多くなっています。
確実に品質良くお届けが出来る様、弊社の品質管理部門は汗を流しております。

より効果的に、より高品質でのポスティングをご希望でしたら是非お問い合わせくださいませ。