TRINO BALANCE

TRINO BALANCE

ブログ

七夕2016/7/7

初めまして、業務部のYです。

本日7月7日は七夕です。

どれが彦星でどれが織姫かわかりますか?
※そもそも写ってないかもしれません。

七夕は「織姫と彦星が天の川を渡る逢瀬の日」であるということは有名ですが、
なぜ七夕(しちせき)を「たなばた」と読むのかは諸説あるようです。

 

『「たなばた」の語源は『古事記』でアメノワカヒコが死にアヂスキタカヒコネが来た折に詠まれた歌にある「淤登多那婆多」(弟棚機)又は『日本書紀』葦原中国平定の1書第1にある「乙登多奈婆多」また、お盆の精霊棚とその幡から棚幡という。また、『萬葉集』卷10春雜歌2080(「織女之 今夜相奈婆 如常 明日乎阻而 年者将長」)たなばたの今夜あひなばつねのごと明日をへだてて年は長けむ など七夕に纏わる歌が存在する。
そのほか、牽牛織女の二星がそれぞれ耕作および蚕織をつかさどるため、それらにちなんだ種物(たなつもの)・機物(はたつもの)という語が「たなばた」の由来とする江戸期の文献もある[3]。』

引用:wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%A4%95

日本語には不思議な読み方をする漢字がいくつもありますが、一つ謎が解けました。

今夜は天の川が見えるといいですね。

私はお客様の益々の繁栄や、全国の協力会社の皆様の健康をお祈り申し上げます。